ゲーム動作が重い場合は・・・?

2013年の正式サービス開始以来、多くのユーザーから支持を集めている大人気MMORPGと言えば、そう「FINAL FANTASY XIV:新生エオルゼア」(以下:新生FF14)だ。スクウェア・エニックスが開発した「FINAL FANTASY」シリーズのナンバリングタイトルで第14作目となる本作は、「FINAL FANTASY XI」以来のMMORPG2作目に当たる。だが、Windows版をオリジナルとした作品は今作がシリーズ初だそうだ。

サブタイトルにある”新生エオルゼア”とは、旧版を改修し変更を加えた新バージョン2.0の別名だ。これについては一部省略して説明しよう。旧版は2010年9月30日の正式サービス開始以降、UIの構造問題や致命的バグ、仕様上の欠陥やゲームバランスの問題など、基本的システムについてユーザーからの不満が数多く出ていた。運営側も無料期間延長などの措置をとったが不満の声は収まらず、様々な体制を一新する為に2012年12月31日正式サービスを一旦終了とした。それから紆余曲折を経て、2013年8月27日「新生FF14」として遂に2度目の幕を開けた。

新生FF14を楽しむには、”Windows/PlayStation 3/PlayStation 4″のいずれかに加え、ブロードバンド環境及びPlayStation 3版の場合、別途PlayStation NetworkのIDが必要となるので注意したい。ゲームプレイに必要となるソフトは、いずれもパッケージ版とダウンロード版での購入が可能となっている。新生FF14を購入すると30日間の無料プレイ期間が与えられ、以降もプレイを継続する場合は、また別途でプランを契約する必要がある。製品及びプラン価格については、公式サイトを参照のこと。

FINAL FANTASYファンはモチロン、そうでない方でも存分に楽しめる事間違いなし。是非一度はプレイして頂きたいと思う。

「FINAL FANTASY XIV:新生エオルゼア」(以下:新生FF14)は、とにかく〝重い〟という。それもそのはず、”必要動作環境〟を見て頂ければ理由が分かるはずだ。気になる内容は以下。CPU=Intel Core2 Duo 3GHz、メモリ=2GB、HDD/SSD=20GB、GPU=NVIDIA GeForce 8800・ATI Radeon HD 4770以上、解像度=1280×720、DirectX=9.0c以上となる。加えて、ブロードバンド接続が前提条件になっている。

現在のゲーミングパソコンと称されるタイプであればなんて事はないが、それ以外だとどうだろうか。因みに、筆者が普段から仕事用に使っているマシン性能では、恐らくギリギリ動作するかと言った所だ。更に古いパソコンの場合だと、紙芝居のようになるのではないかと思われる。

そんな厄介事を抱える新生FF14だが、ゲーム動作を快適にするにはどうしたら良いのか・・・。最も簡単で手っ取り早い方法としては〝パーツ換装〟を薦めるべきだが、懐事情を考慮した上ではやはりゲーム内の環境設定を見直す事が妥当だろう。環境設定で最も効果が現れるのは〝解像度〟の設定だ。これを現在の設定よりも更に引き下げてしまおう。それでも重い場合は画質設定も標準品質かそれ以下にする。

上記を行っても改善に至らない場合は、もうマシン性能を引き上げる他ないだろう。一部のパーツのみを換装しても良いが、それならば推奨されるパソコンを購入した方が尚良い。BTOメーカー比較でも評価が非常に高い〝ドスパラ〟では新生FF14推奨モデルを取り扱っており、該当のゲームがキチンと動作するまでサポートするサービスも行っている。安心して購入出来る上に、安全にプレイ出来るので非常にオススメだ。